MENU

元オタクがとりあえず今出来る倹約方法を考えた話

  • URLをコピーしました!

こんにちは、カネカ(@kaneka202108)です。
本日も当ブログへお越しくださいましてありがとうございます!

今回は「借金を返済するために生活レベルを下げなきゃ…」と思う前に、無駄に出費している部分を削っていきましょう。ってお話です。
もちろん、1円でも多く返済するために生活レベルを下げることは大事ですが、
あまり下げ過ぎると自分自身が生き続ける精力も失われてしまい、結局収益につながる仕事を続けられなくなってしまいます。何事も削るのはほどほどに。

それでは、私が実際に行ったものを例に挙げながら見てまいりましょう。

目次

月額&年額のサブスプリクションを見直す

カードや銀行の引き落とし履歴をさかのぼって把握しましょう。
もちろん、日頃使っているサービスを無理に切る必要はないです。
今回見直すべき対象は“もう使ってないor忘れていた”サービスを断捨離すること
知らん間に引き落とされてるとかありますからね。

(まさに先日、忘れていたサービス料を引き落とされたアカウントがこちら↓)

因みに私の場合は、こんな感じで断捨離しました。
元絵描きオタクなのでイラスト系サービスが入ってます。

解約したもの

  • CLIP Studio for iPad ※年額7,800円
  • Pixiv premium ※年額5,500円
  • タイムズカーシェア ※月額880円
  • 使っていなかったWi-Fi回線(Linksmate) ※月額980円
  • 自動更新ソフト ※年額約2,000円
  • 毎月課金型ゲームなど ※月額約2,500円

<年額67,620円/月額約3,400円換算の断捨離!>

Wi-Fi回線は解約手数料がかかりましたが、無駄に数か月分お金落としてるよりは、ここで負の連鎖を断ち切るべし!と思って解約しました

残したもの

  • Amazon Prime ※年額4,900円
  • YouTube Premium ファミリープラン ※月額1,780円
  • Yahoo!プレミアム ※月額508円
  • ブログサークル会費 ※月額約2,000円

<年額56,400円/月額約4,700円換算の出費!>

YouTubeやサークル会費は日々の学びに、
Yahoo!プレミアムは不用品出品に不可欠なので削れませんね…
Amazonは毎月のように使ってますが、今後使わなくなれば次回更新時には削除候補かも。

上記を計算しただけで、年間約124,020円もいろんなサブスクリプションサービスに支払っていることが分かりました。
うち半分くらいを断捨離出来たので、見直してみるもんですね。

携帯電話料金を見直す

最近は、格安携帯のほか
ahamoやpavoなど大手キャリアの新サービスも出てきて選択肢が増えました。
切り替え先や切り替え方法を考えるのは面倒くさい…ですが、毎月数千円が安くなると思えば!チリツモ(塵も積もれば山となる)ですよ。

携帯本体の分割支払いも信用情報に記録されるので、出来るだけ早く払っちゃいましょう。

私が最近使っているのは楽天モバイルです。
東京都のど真ん中で繋がらないこともあります…が、まあすぐその地域を移動するなどすれば全体的な電波状況は概ね良好。

何より1回線目なら、1GBまでタダですからね。タダ。
(しかも楽天経済圏にいれば、SPUが+1%上がります)
Twitterの動画自動再生はオフにする。音楽データや見たい動画は、なるべく家のWi-Fi環境でダウンロードして楽しむ。
などなど移動中はなるべく通信しないようにして、1GB超えないよう心がけています。
※家の中や会社or会社付近に、使えるWi-Fiが飛んでいることが必須です。

出かけるのを減らす

買い物をしそうなお出かけって意味です。
出かけるだけで、交通費(ガソリン費)・余計なものを買うチャンスが増えます。
お腹が減ったら買い食い・外食もあるかもしれません。飲み会なんてもってのほか。

土日でかけないとストレスがたまる…人もいるかと思いますが、
どうしてもお出かけしたいなら、近場の公園に行って帰ってくる…程度にしましょう。
それなら、お金使わず運動も出来て一石二鳥ですね。

因みに私は、休みの日は副業すべくほとんど家におりますので、基本的に出費はゼロです。

まとめ

今回の見直しは、先月に債務整理を検討して
弁護士さんと話した時のヒントを元に考えました。

債務整理が出来るかどうか考える時に、まず年間ベースでの収支を聞かれます。
月額でちまちま払っているものも、年額で考えると大きな金額になりがち。そこを削れるかまず考えるのです。

今すぐできる倹約方法

  • 月額&年額のサブスプリクションを見直す
  • 携帯電話料金を見直す
  • お出かけ+飲み会を控える

どうしても生きる為に必要な食費や光熱費を削ることも大事ですが、
まずは意外と削りれるかもしれない今回の項目も見直してみてください。

今日はここまで。最後まで読んで頂きましてありがとうございました!


↓ポチッと応援お願いします!他の借金仲間ブログもこちらからどうぞ(*'ω'*)

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金(100万円〜300万円未満)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 夫に内緒の借金へ にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる